紫外線対策とBBクリーム-女性を輝かせるオールインワンファンデーション

HOME   >   紫外線対策とBBクリーム

紫外線対策とBBクリーム

SPF値とPA値

海岸散歩BBクリームの中には、紫外線対策が出来るものもあります。紫外線対策を重視する方は、SPFやPAの成分が高いものを選ぶと良いでしょう。

SPFとは、Sun Protection Factorの略です。紫外線防止係数という意味です。

SPFは、紫外線によって肌が赤くなるまでどのくらい時間を長くできるか、ということを数値化したものです。SPFによって遮ることが出来るのは、紫外線の中でもUV-B派という肌を赤くする種類になります。

一方、PAは、Protection Grade of UV-Aの略です。UV-A派という紫外線を防ぐ度合いの意味です。UV-Aは、肌を黒くするといわれています。PAの場合、+(プラス)の数で効果を表記しているので、+の数が多くなればなるほど効果が高いといえます。

SPFやPA値が高いと、紫外線予防の効果は必然的に高くなります。しかし、その分、紫外線吸収剤の成分が多くなり、肌への負担も増えてしまいます。一般的な日焼け止めにも言えることですが、洗顔で成分をしっかり落とさないと、紫外線吸収剤が肌に残ったままになり、肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。肌の弱い方は、気を付けましょう。

BBクリームの日焼け止め効果

BBクリームに含まれるSPFやPAは、日焼け止め単独の物と違って、数値としては小さい傾向があります。

数値が低いことで肌への負担が少ないというメリットがあります。また、使用されている紫外線吸収剤の量も少なく、クリームののびも良く、白っぽくなりにくいです。

紫外線が肌へ与えるダメージは、短期的な場合だけでなく、日常のわずかな時間の積み重ねで、少しずつじわじわと進んでいます。例えば、近所へのちょっとした外出や洗濯物を干す間の時間。メイクをするほどでもないと思っている短時間でも、紫外線の影響はあります。

わずかな時間に浴びる紫外線が気になる場合には、日焼け止めの役割も含んでいるBBクリームはとても手軽です。

しかし、夏の外出など紫外線対策をきちんとしたい場合には、BBクリームをつけるまえに日焼け止めをするなど、重ねて使う方法も有効です。